ゆっくり別れを惜しみたいなら家族葬が最適

男性

故人との最後の時間

葬儀は病院や葬儀社に相談すると、スムーズに準備できます。家族だけで故人を送るなら家族葬を選択しましょう。通夜を省いた一日葬などもあるので、故人との最後の時間を大切にできるでしょう。一般葬を選ぶ際には、川口の中でも駅からのアクセスの良い場所を選ぶと、弔問客に手間を掛ける心配をせずに済みます。

お別れをゆっくりできます

お墓

家族らしい葬儀が可能

近年、エンディングノートなどが話題を集め、自分の最後を自分らしく締めくくろうという考えの人が増加してきています。また、亡くなってからの家族の負担も考えて、葬儀の準備を生前からする人も登場してきました。横浜エリアでもこのような考えの人が増加してきたことにより、家族葬を提案する葬儀会社も増えてきています。横浜にある葬儀会社の多くが、通常の葬儀告別式以外に、家族葬プランの提案も行っています。家族葬は家族だけの葬儀であり、とても小さく行えることから、故人ともじっくり向き合うことができるほかに、費用面でも通常よりもかなり抑えることが可能です。また、生前、故人が好んだ食事や曲、趣味なども持ち込んで、偲びながらお別れすることができる家族葬もあるため、家族らしい葬儀や告別式の実現ができます。大切な人が亡くなると、悲しみに暮れる間もなく葬儀や告別式を行わなければならず、じっくりと向き合えないままお別れしなければならなくなります。特に喪主を務めると、様々な人への気配りなども必要になるため、大変多忙になるのです。このような葬儀、告別式ではなく自分たちらしく、故人を送り出したと考えた場合に、横浜にある葬儀会社では家族葬を提案しているのです。また、予めエンディングノートで家族葬を希望する人も横浜エリアでは多くみられるようになりました。家族がそれぞれ納得できる形でお別れすることができるのが家族葬の魅力であり今後も需要は高まっていくプランです。

自宅で行う通夜や葬儀は

寝屋川の自宅で葬式を行う場合、まず部屋割りから決めます。祭壇を置く部屋、僧侶を接待する部屋、通夜ぶるまいの部屋、遺族の控え室などを決めます。そして祭壇を設え、仏壇封じ神棚封じを行い、遺影の準備をします。祭壇設えや遺影の引き伸ばしは葬儀社に任せます。家が狭い場合は玄関や縁側に焼香台を設けてもよいです。

大切な儀式だからこそ

近年、八尾で注目されているのは家族葬と呼ばれる少人数で行う葬式です。近しい人のみが参加するので、参列者に気を遣わず故人とのお別れをすることができます。さまざまな業者がありますが、地元に密着している業者は八尾の風習やしきたりに詳しいといったメリットもあります。